器で味わうおいしいごはん

Japanese Tableware -Gohan-

ごはんを食べる至福の時間。
器によそわれたごはんのおいしさは、その器に秘密があるかもしれません。
おいしさを引き立たせる食器やコーディネートをご紹介します。

  • 食器を選ぶ楽しみ

    食器と料理のコーディネートは、そのおいしさを引き立てる重要な要素の一つです。食事を至福の時間にするためにも、食器選びにはこだわりが欠かせません。

    統一感のあるデザイン選びや温かさを際立たせる組み合わせは、選んでみると簡単なようで意外と悩んでしまうもの。そこでポイントになるのが、色や素材で食器を選ぶということです。

    今回は「器で味わうおいしいごはん」をテーマに、ごはんを一層おいしく魅せる食器を厳選しました。

    食器を選ぶ楽しみ

  • 黒陶焼き〆の魅力

    和食の場合、茶碗や箸置きの素材を合わせることが手軽にできるコーディネートの一つです。そこでおすすめなのが、Sゝゝ[es] の黒陶焼き〆の飯碗と箸置き小皿。信楽の土を使用して黒色に着色した後、釉薬を用いずに焼き上げる「焼き〆」仕上げは素朴な風合いが魅力です。

    黒陶焼き〆の魅力

  • 釉薬による風合いを楽しむ

    Sゝゝ[es] の飯碗はモダンにも感じる凛とした形が魅力的ですが、飯碗の持つ本当の素晴らしさは形だけではありません。

    この飯碗の一番の特徴は、陶磁器がそれぞれ異なる釉薬で仕上げられ、個々の様々な表情を楽しめること。特に磁器の飯碗に入った模様は、熟練した職人の手によって釉薬を削って施されています。手作りならではの風情を感じる、こだわりの逸品です。

    日本の伝統技術が詰まった飯碗が、毎日のごはんをよりおいしく感じさせるかもしれません。

    釉薬による風合いを楽しむ

  • 木を取り入れる

    色や素材を合わせるのは、食器選びに限ったことではありません。
    箸やレンゲ、コースターなどに木の素材を選ぶと、自然のぬくもりを感じることができます。より柔らかく暖かな印象になり、コーディネートの幅も広がります。

    木目のある素材と相性の良い白い小皿や鍋の組み合わせも、素敵なアクセントになります。ダイニングテーブルとのバランスを考えてコーディネートすると、統一感のあるしつらえが出来上がります。

    木を取り入れる

page top