癒しのバスルーム

How to make a healing bathroom

バスルームや洗面所は、毎日の疲れをリセットする大切な場所。
快適に過ごすためにこだわるべきポイントと、リビング・モティーフおすすめのアイテムをご紹介します。

  • アメニティを揃えて

    メイク道具や歯ブラシ、化粧水やクリームなど、とにかく小物がたくさんあって、洗面所はどうしても雑多になりがちですね。でも収納やディスペンサーの質感を合わせるだけで、まとまったインテリアの印象を与えることができます。

    アメニティを揃えて

  • つやっとした輝きあるクロームは、高級感のある洗面台におすすめ。清潔感のある空間に溶け込み、その美しい輝きにシャキッと身が引き締まる気持ちがします。アイテム数の豊富なDécor waltherなら、拡大鏡やディスペンサー、ダストボックスやソープディッシュまで、ほぼ全てをクロームで揃えることができます。

  • 洗濯物もすっきりと

    脱衣所も兼ねた洗面所では、脱いだ衣服の定位置がないと散らかってしまうのはどうしても避けられません。
    ですからランドリーボックスは、通気性が良く、脱いだものをポイポイと放り込んでもすっきりとお洒落であることが理想です。

    洗濯物もすっきりと

  • ラタンのバスケットなら、ナチュラルで優しい印象が居心地の良いバスルームを演出します。また内袋が取り外して洗えるのも、機能的で嬉しいポイント。ダストボックスやアメニティ収納も同じラタンで揃えれば、やはり統一感あるインテリアで素敵にまとまります。

    マットブラックがクールな印象のMatlamaバスケットは、本来は牡蠣の養殖に使われる非常に丈夫なネット素材。そのため水や汚れにも強く、ヘビーに使用するランドリーバスケットには最適です。サイズ違いで揃えれば、日常の様々な場面で活躍します。

  • 快適な使いごこちを

    バスタイムをより充実したものにするためには、欲しい時に欲しいものがすぐ近くにあるのがストレスフリーで快適。また、疲れをしっかりと取るためには、ぬるめの湯船にゆったりと浸かりたいですよね。

    快適な使いごこちを

  • そんな時にバスシンクラックがあれば、キャンドルを灯したり本を立てかけたり、飲みものを置いたり。湯船の中にいながら出来ることが、ぐっと広がります。まるでホテルのようなバスタイムを演出する、お洒落で機能的なアイテムのひとつです。

    癒しのバスルーム

  • そしてお風呂を出たあとも、タオルがさっと手に取りやすい場所にあるとスマートで気持ちが良いもの。置き場に困りがちなタオルを、無造作にかけても様になるタオルハンガーは、快適バスルームの必須アイテムです。またハンガーでバスローブをかけたり、S字フックを使って小物やグリーンを吊ってみても素敵なインテリアになりそうですね。

  • 香りをまとって

    癒しのバスルームにもう一つ欠かせないのが、リラックスできるお気に入りの香りに包まれること。優しいラベンダーの香りのボディオイルや、バスルームの明かりを落とし、キャンドルの香りと揺らめきに包まれれば、そこはまるで極上スパのようです。

    香りをまとって

  • バスルームは毎日の疲れをリセットし、自分自身を癒してあげることができる大切な場所です。またゲストが来る際も、洗面所が綺麗に整っているだけで、おもてなしの気持ちが伝わる場所でもあります。心からゆったりできるよう、こだわりのインテリアを選んでみませんか。

page top