夏を乗り切るスムージーづくり

How to make a smoothie at home

太陽が照り、ヘトヘトになる夏。こんな時はすぐにクールダウンできて、栄養も補給できるスムージーが効果的です。今回はご自宅で簡単にスムージーを作ることができるブレンダーをご紹介します。スムージーを飲んで、暑い夏を乗り切りましょう。

  • Russell Hobbs パワーブレンダー

    Russell Hobbs パワーブレンダー

  • このRussell Hobbsのパワーブレンダーの特徴は、何と言ってもそのパワーとスピード。家庭用の規格としては最高レベルの500Wで、効率よく一気に粉砕・攪拌が可能です。スムージーには氷が必要ですが、通常のブレンダーだと氷を砕くのに時間がかかったり、細かく粉砕するのが難しかったりします。しかしこのパワーブレンダーを使えば、短時間で氷と食材を滑らかな舌触りにまでトロトロにします。

    夏を乗り切るスムージーづくり

  • 市販のジューサーは繊維質や絞りカスなどを取り除く機能を備えているため、飲み口のサラッとした仕上がりにはなります。しかし絞りカスに含まれる栄養分や食物繊維も排除されることから、素材を100パーセントを生かすことにはなりません。このパワーブレンダーは素材を丸ごと粉砕・攪拌して混ぜ合わせるのが特徴で、栄養素をまるごと摂取できるのがポイントです。

    夏を乗り切るスムージーづくり

  • スピード設定は13段階あり、細かくスピードの微調整が可能。強力なMAXスピードは瞬時に作動でき、撹拌中ならターボボタンを、最初から手早く粉砕・撹拌したいときはパルススイッチと、効率よくスピードを使い分けることができます。フタについてるメジャーキャップは目盛付きで、フタの注ぎ口からは混ざりにくい油や蜂蜜などを加えることができます。

    夏を乗り切るスムージーづくり

  • 容器はガラス製で匂いが付きにくく、カッターはステンレス製。これらボトルとカッターは分解可能なので、洗いやすく衛生的です。誤作動を起こさない安全装置付きで、モーター本体の足には吸盤がついているので、大容量のハイパワー回転でも本体をしっかり支えて固定するので、安定性に優れています。

    夏を乗り切るスムージーづくり

  • 容量もたっぷりで、一度に家族分のスムージーを作ることができ、何度も作る手間も省けます。スムージー以外にも冷製スープなども作れ、ガラスボトルは80℃まで耐熱仕様になっているため、夏だけでなく一年中使えます。このパワーブレンダーでレシピの数もグンと増えるでしょう。

  • bamix ハンディフードプロセッサー

    bamix ハンディフードプロセッサー

  • 1人前のスムージーをさっと作りたい方にはこのbamixのM300シリーズがオススメです。ハンディタイプのフードプロセッサーで、直径6.5cm以上の容器なら直接差し込んで操作できます。お手持ちのカップでそのまま使用できるのは嬉しいポイント。使用後は先端を洗い流すだけでOKでお手入れの手間がかからないため、忙しい朝にはピッタリです。

    夏を乗り切るスムージーづくり

  • M300シリーズは、この1台で潰す、混ぜる、泡立てる、砕くが一度にできる優れものです。操作は片手で握って、指先でボタンをON/OFFするだけ。好みに合わせて加減しながら操作できるので、まるで自分の手の延長の様な感覚で使えます。

    夏を乗り切るスムージーづくり

  • コンパクトでありながら従来機種よりトルクが1.5倍!5分間の連続使用が可能で、今まで以上に早く、綺麗に仕上げます。ご家族の好みに合わせて色々なスムージーを作ることも、栄養が偏りがちな一人暮らしの方でも手軽にスムージーを楽しめます。

    夏を乗り切るスムージーづくり

  • ベーシックパックには本体の他、3種類のアタッチメントや硬い材料の粉砕やパウダー状に砕くスーパーグラインダー、綺麗に収納できるLスタンド、お手入れに使えるツール&ブラシがセットになっています。これらを駆使すれば、スムージーの他にも練りゴマやホイップクリーム、スイートポテトにマヨネーズまで、ご家庭で簡単に作ることができます。

    夏を乗り切るスムージーづくり

page top