組み合わせで変わる インテリアの差し色

Eye-catching accent color ideas

鮮やかな差し色を取り入れることで、インテリアは格段に引き締まり、オシャレに変わります。一方で配色の組み合わせや分量バランスなど、カラーの選び方にはコツがあります。カラーコーディネートをマスターして、洗練されたインテリアを作りましょう。

  • 差し色の基本

    「インテリアが物足りない」

    そう感じた方にオススメなのが、鮮やかな差し色の小物を取り入れることです。これでぐっとオシャレになりますが、ポイントがひとつ。差し色はあくまで「アクセントカラー」ですので、鮮やかなカラーは1色に絞り、分量も少しで構いません。その方が差し色の主張が強まり、より一層引き立ちます。

    それではこれから、組み合わせの相性がよく、昨今のトレンドも意識したカラーコーディネートをご紹介します。

  • ホワイト × ブルー

    日本では白を基調にしたインテリアが多く見られます。白にはどんな差し色も相性が良いですが、オススメは青との組み合わせ。海を連想させるこの組み合わせは、トーンの低い青を選べばモダンな印象に、淡いトーンの青を選べば一気に爽やかな雰囲気になります。

    ホワイト × ブルー

  • グレー × イエロー

    今期のカラートレンドの一つ、グレーとイエローの組み合わせです。グレーの無彩色の中で黄色の明るさが際立ちます。ポイントはイエローのトーンを揃えること。ブランド・シリーズで揃えるとトーンのバラツキが減り、簡単に取り入れることができるでしょう。

    グレー × イエロー

  • ブラウン × オレンジ

    ソファやシェルフに濃いブラウンを選んでいるインテリアには、同じ赤みのあるオレンジがぴったり。ブラウンとオレンジのトーンを合わせると一体感が増します。ウォールナットには濃いオレンジ、オークやビーチには薄いオレンジを合わせましょう。

    ブラウン × オレンジ

  • ブラック × レッド

    書斎などワークデスクにブラックレザーの小物を選んでいる方も多いはず。そんなデスクに赤が少し入るだけで、雰囲気がガラッと変わります。クラシックな印象も加わり、風格のあるワークスペースに仕上がり、男性にオススメのコーディネートです。

    ブラック × レッド

  • ベージュ × グリーン

    昨年より急上昇したトレンドの一つがミントグリーン。快適で心地よい独特の魅力があり、天然の清新感を感じられます。淡いグリーンには優しいベージュカラーがよく合います。オークの家具との合わせで、柔らかな印象のインテリアに仕上げるのもオススメです。

    ベージュ × グリーン

page top