ANGLEPOISE/アングルポイズ

時代と共に進化するランプ

誕生から75年以上を経た現在でも、オリジナルモデルから最新のモデルまで幅広いファンを持つ、イギリスのANGLEPOISE(アングルポイズ)ランプ。
スプリング式アームランプの元祖であり、タスクランプのアイコン的存在となっています。時代と共に様々な進化をとげてきたANGLEPOISEランプは、世界中のカルチャーに影響を与えてきました。そして今もなお、新たな開発に取り組み進化を続けています。

時代と共に進化するランプ

  • バランスアームランプの誕生

    1885年に設立されたテリー社は、スプリングや印刷技術の開発、製造を行っていました。一方、自動車メーカーでエンジニアとしてのキャリアを持つジョージ・カワーダインは、スプリングと重量に強い関心を寄せ、自由に曲げられ、さらに思い通りのポジションをキープすることを可能にするメカニズムの開発に没頭していきます。

    1934年、ジョージ・カワーダインは、後のANGLEPOISEランプの原型となる、4本スプリングを持つバランスアームランプの特許を申請。その際に使用されていたスプリングがテリー社のもので、パートナーとして特許の独占契約を交わしたのです。

    バランスアームランプの誕生

  • 4本スプリング型「ANGLEPOISE 1209」はとても機能的なランプでしたが、そのデザインは工業的イメージが強いものでした。そこで彼らは一般家庭をターゲットに、よりシンプルな構造でエレガントなスタイルを持つ3本スプリング型「1227」を誕生させました。

    ランプと共にアクセサリーパーツが作られ、撮影用や歯科医の治療用、ガレージ用など様々なバリエーションがあり、戦時中は軍用機のナビゲーションテーブル用の特別仕様も製造されたほどです。

    また、現在のLUXOとなるノルウェー人業者ヤック・ヤコブセンがアングルポイズのランプを輸入。後にアメリカでの販売権が認可され、LUXOはアメリカでの販売で大成功を収めます。映画会社ピクサーのキャラクターとして有名なLUXO Jr.のルーツもANGLEPOISEにあるのです。

    時代と共に進化するランプ

  • 新しい時代に入るANGLEPOISE

    1960年代に入ると、ソケットがシェード内部にセットされた「model 75」が登場。1982年の国会議事録には、省エネランプ仕様のANGLEPOISEが、ビッグベンの愛称で知られる国会議事堂で使われていたとの記載がされています。

    1989年のデザインミュージアム(ロンドン)の設立により、デザイン界の専門家たちがメッセージを発信し始めます。1992年には、現RCA教授のジェレミー・マイヤーソンが「ANGLEPOISE 1227」を愛用品として選んだ25人のトップデザイナーへのインタビューを行いました。

  • 次世代への開発、ケネス・グランジのもとへ

    グローバルマーケットの時代に入ると海外の安価なコピー商品も出回るようになります。当時の4代目の経営者であるジョン・テリーの息子サイモンが経営に参加し、デザイナー志向のマーケットを対象としたブランドの再構築と新しいデザイン開発を試みました。

    新しい試みへのヒントはきっと自分たちの歴史のなかにあると考えたサイモンは企業アーカイブを検索します。その中に偶然、コダックのポケットインスタマチックカメラや高速列車Inter City 125、ロンドンタクシーなどのデザインで知られるケネス・グランジのインタビューを見つけます。「これはバランスのちょっとした奇跡」とANGLEPOISEのことを語った言葉に直感し、ケネス・グランジを顧問デザインディレクターに迎えます。「Type 3」「Type 75」「Type 1228」といったケネス・グランジデザインのモデルが次々と発表されました。

    次世代への開発、ケネス・グランジのもとへ

  • 新たな転機と「Original 1227」の復刻

    また別の転機も訪れました。作家・脚本家であるロアルド・ダールの博物館のために彼が執筆室で愛用していたANGLEPOISEの3倍サイズのランプをつくるという特注依頼が来たのです。このジャイアントサイズの1227は3台製作され、オークションにかけられた1台を落札したのはなんと映画監督のティム・バートンでした。そして残る1台が100% DESIGN LONDONに出展されると、これが評判となり現在では定番商品として世界中で使われています。

    75周年を迎えた2009年、ロイヤルメールの記念切手「英国を代表する10のデザイン」が発売されます。「ANGLEPOISE1227」 はコンコルドや2階建てロンドンバス、ミニなどと共に選ばれ、この年「Original 1227」が復刻発売されたのです。

    新たな転機と「Original 1227」の復刻

page top