G.Ryder/ジー・ライダー

職人の手が生んだ収納ボックス

G.Ryderは、1914年ロンドンでジェラルド・ライダー氏が起こした紙製ボックスのメーカーです。最初の注文は12ダースのレターファイル。間違いなく届けられるようにとライダー氏が荷車にのせて自ら商品を届けたのがはじまりです。 多くのメーカーが機械による大量生産に転じた中、G.Ryderは今日に至るまで人の手による製品づくりを続けています。

職人の手が生んだ収納ボックス

  • 製造はすべてイギリス国内

    G.Ryderの製品は、セールスやオフィスも含め、すべてロンドン北部のミルトンキーンズにある自社工場で管理・製造されています。

    製造はすべてイギリス国内

  • 顧客には英国王室、大英博物館、大英図書館のほか海外の博物館や美術館が多数。大切な書物などを半永久的に保管することを求める場合が多いため、ボックスの強度や耐久性は不可欠です。

    ボックスの構造を作る芯材として使用している厚紙は、特に重量と強度のあるものを選択。また、ボックスの構造や種類によっては芯材に木枠を使用する場合もあります。

    職人の手が生んだ収納ボックス

  • 手作業へのこだわり

    オーダーメイドで作られるG.Ryderの収納ボックスは、ボックスのサイズ、グリップの種類、紙質、強度の種類、表面に貼る紙の素材やカラーなど、世界各国の様々な顧客の細かいニーズに対応するため、機械よりフレキシブルに対応できる熟練した職人の手が必要なのです。

    手作業へのこだわり

  • 紙は湿気や乾燥により膨張収縮、変形することもあります。特にのり付けをするボックスは、仕上がりに必要な強度と完成像を指先で把握した人間の技術を必要とします。G.Ryderが手作業にこだわるのは、このフレキシビリティーと品質を確保するためです。

    職人の手が生んだ収納ボックス

  • 自信をもっておすすめしたいロングセラー

    リビング・モティーフでは見せられる収納ボックスとして、サイズ、色、構造を指定してG.Ryderにオリジナルボックスの製作を依頼。20年以上にも渡るロングセラー商品となりました。

    自信をもっておすすめしたいロングセラー

  • 機械製のボックスには無い美しいディテール、長年使い続けることができる充分な強度、自信を持っておすすめできる収納ボックスです。ついつい乱雑になりがちなラックや書棚を職人の手が生んだ収納ボックスで美しく整理しませんか?

page top