MASSPRODUCTIONS / マスプロダクションズ

両立される効率化とデザイン

家具のコンサルタント業で経験を積んだ二人のデザイナー、イギリス人のクリス・マーティンとスウェーデン人のマグナス・エルヴァックが立ち上げたファニチャーブランド。設計はもちろん、製造、資材調達、広報などデザイナーが全てのプロセスに関わることで、生産効率を上げるとともにシンプルでスタイリッシュなプロダクトを創りだしています。

両立される効率化とデザイン

  • デザイン・フィロソフィー

    「マスプロダクション」(=大量生産)というと低品質な製品を思い浮かべがちですが、本来は生産効率と高品質は両立するものであるべきだというのが彼らの理念。その実現のため、素材から工具、環境的なことも含め、製造工程のすべてにデザイナーが関わってこだわり抜いています。そのように緻密に設計された無駄のないデザインであるからこそ、生産効率が高まるとともに、スマートでスタイリッシュな印象が創り出されるのです。
    量産品であることの美しさ、効率化が生み出すサステナビリティを大切に思う彼らの熱い思いが、マスプロダクションズというブランド名の由来にもなっています。

    デザイン・フィロソフィー

  • デビュー作 TIOコレクション

    TIO(ティオ)コレクションは、2010年スウェーデンのストックフォルムファニチャーフェアにて発表されました。デビュー作でありながら、国際的な賞を受賞するなど世界で高評価を受け、このコレクションをきっかけに彼らは一躍注目を浴びることになります。彼らのデザイン理念に基づき、使用するスチールの量を最小限に抑えて設計され、コンピューター制御の機械を駆使して作られています。ワイヤーの数を極限まで減らすことで際立つ、無駄のない美しいライン。見る角度によって表情を変える、その構造の面白さ。そこには、単なるシンプル、ミニマルなデザインの家具とは一線を画す、フォルムの美しさとバランスの良さがあります。また充分な塗装がされているので、アウトドア、インドアともに使用可能。スタッキングもできるので、コンパクトにまとめて収納することもできます。

    デビュー作 TIOコレクション

  • 生活に寄り添うホームコレクション

    現在は、リビング、ダイニングで使いやすい家具を中心に、幅広くコレクションを展開し続ける彼ら。焼きたてのパンからインスピレーションを受けたソファ、Mega Sofaは弾力があり快適な座り心地でありながら、まるでアートピースのような佇まいです。フレームの色は3色から選べ、サイズもオットマン、デイベッドから3シーターまで展開が豊富なのも魅力。

    生活に寄り添うホームコレクション

  • 他にもスツールやチェア、コートスタンドなど身近なプロダクトが充実しています。英国パブのアイコン的存在であるスツールを再編集したAlbert Stoolなど、どこか温かみのあるデザインが特徴。
    またIcha Stoolは、ストックホルムにある日本食レストランに向けて彼らがデザインしたコレクションのひとつ。日本と北欧のエッセンスが融合し、スレンダーながらも力強い印象を与える魅力的なスツールです。

    両立される効率化とデザイン

  • 私たちもホッとするようなデザインなのは、彼らが日本の文化にも影響を受けているからかもしれません。目を引くデザインであることよりも、スマートで使いやすい、かつ無駄のない彼らのプロダクト。それらは世界中で愛され、時代を超えて継続していくデザインであることでしょう。

page top