string works / ストリング ワークス

働き方を変えるワーキングファニチャー

stringは、1949年に誕生したスウェーデンの壁掛けシェルフブランド。建築家ニルス・ストリニングによってデザインされた製品は、モジュール式収納家具としての機能が考え尽くされています。そのデザインフィロソフィーを受け継いで、2015年に登場したのが「string works」です。空間に合わせて自在にカスタマイズできる機能性と無駄を省いたシンプルなデザインが、使い勝手に優れた心地良いワークスペースを作ります。

働き方を変えるワーキングファニチャー

  • 昇降式デスクの豊富なメリット

    北欧では昇降式デスクを使うオフィスは⼀般的で、スウェーデンでは90%の普及率と⾔われています。例えば1⽇3時間⽴ちながら働くことは、フルマラソンを年間10回⾛るのと同じくらいのカロリー消費になるそうです。1⽇7時間以上座りっぱなしでいた場合、その後1時間増すごとに健康を害するリスクが5%増加すると⾔われています。

    昇降式デスクの豊富なメリット

  • 働き方を変えるワーキングファニチャー

  • 健康のためばかりでなく、⼿で⽂字を書く時とキーボードを打つ時など作業内容に合わせて姿勢を変える、スタンディングによって打ち合わせを効率化する、集中力を高めたり気分を変えたりするなど、デスクの高さを変えることで得られる効果は多岐にわたります。

    string本社ではアプリとの連携により、昇降時間の⾃動設定も導入されています。⾃分で意識せずとも健康⾯や働き⽅をアプリが管理してくれ、朝出勤した時には全てのデスク位置が⾃動で統⼀されます。
    ※アプリは日本未対応

  • 様々なスタイルに対応するバリエーション

    stringの哲学の結集ともいえる昇降式デスクは、電動デスクには見えないほどすっきりとした佇まいが魅力。ステッピングモーター機能により、ボタン⼀つで⾼さ71.5〜118.5cmの位置に調節できます。

    デスクトップはホワイトラミネート、アッシュ、オーク、チャコールグレーリノリウムの4種類。デスクは幅120、140、160cmに加え、幅180cmのミーティングテーブル、拡張フレームを使えばテーブルを連結することも可能です。

    前後のないモダンなデザインは、ワークデスクとしてだけでなくミーティングテーブルや、オフィスでパーティーを開く際のバーカウンター、住宅のダイニングテーブルとしても使えます。

    様々なスタイルに対応するバリエーション

  • フリーアドレスオフィスの相棒に

    string worksのもう一つの便利なアイテムが、モバイルキャビネットです。昇降デスクと同様に近年普及している、固定席を設けないフリーアドレスオフィス。出勤とともにキャリーハンドルでモバイルキャビネットを移動して好きな場所で仕事をする、そんなワークスタイルの頼りになる相棒です。

    フリーアドレスオフィスの相棒に

  • 2017年9月から日本での販売が始まったstring works。リビング・モティーフ店舗では、昇降式デスクとモバイルキャビネットのほかに、パーテーションとしても使用できるフリースタンドシェルフも展示しています。実際に昇降操作を体験されたい方、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

page top