多様なライフスタイルに対応した快適さ

TOMOE INTROシリーズ

バッグを愛する3社の出会いから始まったTOMOE。収納が簡単で丈夫なウレタン樹脂製ハンドルやカーブのついたファスナー、シリーズの機能ごとに厳選された革素材。
こだわり抜いたバッグを作り続けるTOMOEから今までにない異素材のバッグが登場です。

  • 新シリーズ「INTRO」

    ミニマルで機能的、システマチックで合理的、伝統に裏付けられた現代感。それぞれの要素が主張しすぎることなくバランスを保ち続けること。これがTOMOEが目指す、機能性とクラフトマンシップのバランスがとれたデザインです。

    多様化する現代のライフスタイルを意識し、さまざまなシーンで快適に使用できる事を目的とした「INTRO(イントロ)」。こだわり抜いた新シリーズが登場です。

    新シリーズ「INTRO」

  • 自由自在に調整できるハンドル

    INTROシリーズで全モデルに採用されているのが、スキーブーツによく見るアジャスターから発想を得て、TOMOEが独自に開発したストラップアジャストシステム。オリジナルプルアップ式アジャスターを操作することでハンドルの長さが4段階に調整できる設計です。

    ストラップアジャストシステムは下のレバーを手前に引き上げて、ロックを解除します。ハンドルを下方に押し込み、長さを調整できるため、ハンドバッグをショルダーバッグに変えたり、バックパックは容量が増えてもトップが閉めやすくなります。

    自由自在に調整できるハンドル

  • ポリエステルで軽量化

    世界レベルの高品質なベースボールグラブを作り続けるトライオン。今まで世に出たTOMOEのバッグは全てそのノウハウを生かしたレザー製品でしたが、このINTROシリーズはコットンライクなポリエステル素材を採用しています。

    さらっとした質感と適度なハリ感でオールシーズン使用できます。レザーバッグでネックになってしまう重量で、かなりの軽量化を実現しました。

    ポリエステルで軽量化

  • レザーではなくポリエステルを採用し、内部ポケットなど機能面を充実させたINTROシリーズ。この素材を選んだことが、よりミニマルさを強調し、現代のライフスタイルに合ったバッグとなりました。レザーよりも手に取りやすい価格帯のため、この機会にバッグを新調してみてはいかがでしょう。

page top