余[yo]

ゆっくり身体に染み渡る遅効のシャンプー

日本人の髪質や頭皮、日本の風土を前提に考えられた、潔いヘアケアブランド。髪の土壌である頭皮のことを考え、本来は必要ない要素を削ぎ落としました。強くて早い効果ではなく、じんわり優しく染み込んで、いつかあなたの髪と生活を整えること。それが余[yo]の想いです。

  • ことの始まり

    4年にわたる開発を経て生み出されたヘアケアブランド、余[yo]。ことの始まりは、ヘアサロン表参道アトリエの高柳潤氏とたかくら新産業の高倉健氏が日々使っているインポート・シャンプーについて交わしたこんな会話。

    「決して悪くない。けれど、もっと良いものがあるのではないか?」

    これがきっかけとなり、このプロジェクトがスタートしました。この違和感は、最終的に日本人の髪質と日本における水質の違いによるものだと行き着きます。そこから、すべての行程と素材選びを日本国内でまかない、日本人に最も似つかわしいシャンプーをつくり始めます。

    ことの始まり

  • 髪を洗い、整えるということ

    ケミカル・フリーで自然な製法を追求する美容薬理株式会社の金井誠一氏と共に進めた生産は二転三転しました。が、今までヘアケア製品を装飾してきた人工的な艶や香りを削ぎ落とし、頭皮と髪にとって本当に必要なものだけを丁寧に生成するという方法が採られました。

    即効性というより、ゆっくり身体に染み渡る遅効のシャンプー。日本人が毎日自然に食べるお出汁料理のように、派手さは少ないけれど正直で素直なヘアケア製品に辿り着きました。

    余[yo]は髪を洗うだけでなく、髪の土壌である頭皮をいたわることも大切にしています。また洗髪中に立ちのぼるほのかな香りが自然で心地よい気持ちに導き、最終的には使う方の心身を整えるものにしたいと考えています。

    髪を洗い、整えるということ

  • 余白と余韻

    余[yo]には2種類のシャンプーと1種類のトリートメントがあります。

    ・シャンプー「余白」

    頭皮環境に負担をかけない、厳選された植物由来のアミノ酸系洗浄成分をブレンド。きめ細やかな泡が、きしみのない潤んだ髪に洗い上げます。不要だと考える成分を極限まで引き算することで頭皮環境にアプローチし、使う人の頭皮にすこやかな髪が保たれる「余白」を生み出します。

    洗うたび毛髪に素直なハリとコシを与え、髪をまとめやすく仕上げる「素髪感」と頭皮とダメージを受けた毛髪をやさしく洗いながら潤す「潤い感」からお選びいただけます。

    ・トリートメント「余韻」

    スキンケアにも使われる高品質の植物オイルと植物エキスを、菜種油からつくった乳化剤で、すーっと馴染む、みずみずしいテクスチャーにブレンド。髪と頭皮にたっぷりの潤いを届ける美容液のような存在でありながら、傷んだキューティクルを贅沢に補修します。「余白」から「余韻」という美しさを愛でる心が生まれます。

    「浸透感」という名の通り、毛髪だけでなく頭皮にもしっかりと浸透し、潤いとツヤを与えます。

    余白と余韻

  • パッケージへのこだわり

    緻密につくったヘアケア製品だから、それが使い手の手元に届くまでのこともしっかり考えたい。その思いからパッケージにもこだわりがあります。ゴミを最小限にとどめながら、出来るだけずっと長く使ってもらうために、恒久用ボトル「余の箱」と、詰め替え用にアルミパウチ製の簡易パッケージを準備しました。

    浴室の空気を変えるような存在感をもつ「余の箱」のインナーボトルは、哺乳瓶に使用されるほど成分への安全性が高い「飽和ポリエステル樹脂(トライタン)」という素材を使用しています。

    ヘアケア製品のボトルひとつに対しても、使って捨てる消費サイクルを俯瞰し、環境に配慮したい。そしてこの商品を手に取る人々の髪を整えながらも、環境への意識が少しでも同じ方向を向いてくれたら。それが余[yo]の願いです。

    パッケージへのこだわり

page top